2017年6月24日土曜日

2017 INDYCARレポート 第10戦 コーラー・グランプリ・アット・ロードアメリカ Day1 プラクティス2:プラクティス2はジョセフ・ニューガーデンを先頭にチーム・ペンスキーがトップ4独占

デヴィルヴィス・カラーのマシンを駆るニューガーデンが午後のセッションではトップに Photo:INDYCAR (Matt Fraver) クリックして拡大
シボレー勢、午後のセッションで一気にスピードアップ
 プラクティス1はアレクサンダー・ロッシ(アンドレッティ・オートスポート/ホンダ)が最速だったが、午後のプラクティス2ではチーム・ペンスキー、すなわちシボレー勢が一気にスピード・アップしてトップ4を独占した。トップはジョセフ・ニューガーデンで、1分42秒8229を記録。2番手は昨年のこのレースでポール・トゥ・ウィンを飾ったウィル・パワー=1分42秒8720。ここまでが1分42秒台。3、4番手はシモン・パジェノーとエリオ・カストロネヴェス。タイム、は1分43秒1370と1分43秒2227。どれもセッション終盤にレッド・タイヤ装着でマークされた。
   ニューガーデンとパジェノーの二人はブラック・タイヤでのラップ・タイムでまずは1、2、番手につけていた。ペンスキー勢はブラックでもレッドでも速いということだ。

2017 INDYCARフォトリポート 第10戦 コーラー・グランプリ・アット・ロードアメリカ Day1:今回の新しいカラースキームを紹介

カストロネヴェスはおなじみの白黒ツートンで登場。スポンサーはバス、消防車、救急車、特殊車両などの架装、製造を手掛けるREVグループ Photo:INDYCAR (Chris Jones) クリックして拡大

2017 INDYCARレポート 第10戦 コーラー・グランプリ・アット・ロードアメリカ Day1 プラクティス1:アレクサンダー・ロッシが最速

最初のセッションでトップタイムをマークしたロッシ。オールラウンダーぶりに磨きがかかってきた Photo:INDYCAR (Joe Skibinski) クリックして拡大
全長4マイルのロードコースには短い45分のセッション
 ロード・アメリカは、アメリカで最もレーシング・サーキットらしいコースだと思う。森の中をうねるコースはアップ&ダウンに富み、高速コーナーも多くてエキサイティング。自然に溶け込んでいて、いつ来てもキレイなコースだなと感ずる。特に、今日のような好天に恵まれた日は(快晴、気温23℃、微風あり)。
 金曜日のプラクティス1回目は45分間。全長が4マイルもあるコースに対しては短い。今日は最後の3~4分が赤旗になったこともあって、最も多く走った5人でも11周。これって要改善では? せめて1時間ぐらいに増やしたらいいと思うんだが……。

2017年6月12日月曜日

2017 INDYCAR 佐藤琢磨コメント 第9戦 レインガード・ウォーター・シーラー600 決勝:「最後に外からのパスを決めたかったね。悔しい。すごい悔しい」

Photo:INDYCAR (Chris Owens) クリックして拡大
「トップ争いにカムバックすることができて、そこまでは良かった」

Jack Amano(以下――):今、悔しい気持ちですか?
佐藤琢磨:悔しいですね。やっぱり。トップ争いに加われていたので、悔しい。

――今日のレースは1回目のピットストップで事故に巻き込まれ、トップ争いはもう無理かな? って見えてました。なかなかラップ・バックができまない展開でしたから。

佐藤琢磨:そうでしたね。あそこはもう堪えるしかなかった。アレクサンダー・ロッシと僕がダウンフォース軽目で行ってて、他の2台はつけて行ってたので、序盤の気温が高い時期は厳しかったですね。ピットでのもらい事故によってラップ・ダウンになってしまってからは、大分苦しみました。でも、残り100周を切ってリード・ラップに戻って来ることができて、アクシデントをうまく潜り抜けた結果、トップ争いにカムバックできたのでね、そこまでは良かった。あの時、ちょっとマルコ・アンドレッティの走りがよくわからなかった。ラップ・ダウンなのに。なんで前に出て来るのか、意味がわからなかった。