2018年2月20日火曜日

2018 INDYCARレポート 2月20日:ダニカ・パトリック、最後のデイトナ500終了

ストック・カーのキャリア最終レースとして選んだデイトナ500のグリッドに立つダニカ。家族と記念撮影 Photo:Premium Motorsports クリックして拡大
 NASCARカップシリーズでついに優勝ならず

 2008年のインディー・ジャパン300で女性ドライバーとして初のインディーカー・レース優勝を記録したダニカ・パトリック(アンドレッティ・オートスポート)は、2012年からNASCARシリーズに出場するようになり、2013年にはフル・シーズン・エントリーを開始。ストック・カー最高峰でも女性初のウィナーとなることを目指して来た。シボレーの強豪スチュアート・ハース・レーシング(昨年からフォードにスイッチ)からエントリーしたダニカはフル・シーズン・デビュー年の2013年にデイトナ500でいきなりポール・ポジションを獲得してセンセーションを巻き起こした。しかし、5年間のフル出場で得たベスト・リザルトは2014年のアトランタ・モーター・スピードウェイにおける6位で、ついに優勝はならなかった。

2018年2月14日水曜日

2018 INDYCARレポート 2月14日:2018年のドライバー&エンジニア・コンビネーション


Photo:INDYCAR (Chris Owens) クリックして拡大
2018年シーズン参戦の11チームをチェック
 2018年のインディーカー・シリーズに参戦予定の11チームのエンジニア体制がフェニックスでのオープン・テストで明らかになった。なお、チームの数え方だが、アンドレッティ・オートスポートとアンドレッティ・ブライアン・ハータ・オートスポート・ウィズ・カーブ・アガジェニアンは同一チーム、デイル・コイン・レーシングとデイル・コイン・レーシング・ウィズ・バッサー・サリヴァンも同一チームと考えることとした。

2018年2月11日日曜日

2018 INDYCAR レポート フェニックス・オープン・テスト Day3 セッション4:最終セッションでも佐藤琢磨が最速!

4セッション中3セッションでトップタイムの快挙! 残る1セッションもレイホール-琢磨のワンツーで、RLLは走行全セッションを制する驚異的な結果に Photo:INDYCAR (Chris Owens) クリックして拡大
佐藤琢磨、セッション3の自己ベストを更新!
走行2日間4セッション中、トップタイムを3回マーク

 テスト2日目もフェニックスはほぼ快晴。気温は昨日よりほんの少し低いだけで、日中の最高が27℃。夜のセッション終了時は22℃だった。今日も風が強く吹くことはなく、データを集めるには格好のコンディションとなっていた。
 4回目=最後のプラクティス・セッション。毎年ここでは多くのマシンが走り込みを続け、最後の方ではトラフィック・テストをトライするチームも多くなる。今年もそれは同じだった。

2018 INDYCARレポート フェニックス・オープンテスト Day3 プラクティス3:佐藤琢磨がまたトップ・タイム

プラクティス3でトップタイムをマークし、ピットに戻る琢磨。走行2日目も絶好のコンディションだ Photo:INDYCAR (Chris Owens) クリックして拡大
フンコス・レーシングのみ初日で終了し、最終日出走は22台に

 テスト2日目。今日走るのは22台と昨日より1台少ない。フンコス・レーシングが店仕舞いしてインディアナポリスに戻ったためだ。彼らは元々2日間で帰ることに決めていたという。昨年度インディー・ライツ・チャンピオンのカイル・カイザーがインディーカーのルーキー・テストを通るのが最重要課題で、その後にベテラン勢と1日プラクティスを走ったら十分という考え方だ。

初日のルーキー走行日と昨日に2日間でカイル・カイザーはテストを切り上げた Photo:INDYCAR (Joe Skibinski)
 フンコスレーシング、まだシーズン9戦の出場体制固まらず

 フンコス・レーシングは現時点で2人のドライバー=カイザーとレネ・ビンダー(オーストリア)がそれぞれ4レースずつ出場するとまでしか決まっていない。カイザーはフェニックス、ロング・ビーチ、インディーGP、インディー500で走り、ビンダーはセント・ピーターズバーグ、バーミンガム、ミッド・オハイオ、トロントに出場する。フル・シーズン・エントリーを計画していた彼らだが、まだ9レースの出場体制が未定のままだ。