2017年3月23日木曜日

2017 INDYCAR レポート 3月23日:バーバーで1日だけのテスト開催!

プラクティス1で最速ラップをマークしたのは佐藤琢磨!
ウィル・パワーが走行終了間際にプラクティス2及び総合でのトップ・タイムを記録


バーバー最初のセッションでトップタイムをマークした琢磨 Photo:INDYCAR (Chris Jones) クリックして拡大
 インディーカーは3月21日、アラバマ州バーミンガム郊外のバーバー・モータースポーツ・パーク(全長2.3マイル)で1日間の合同テストを開催した。アップ・アンド・ダウンに富み、路面もスムーズな常設ロードコースで速いのはどのチームか、どのエンジン&エアロのコンビネーションか。この地でのレースは4月下旬にシリーズ第3戦として開催される(決勝は4月23日)。参加したのは22台。チーム・ペンスキーがGP オブ・インディアナポリスに出場予定のファン・パブロ・モントーヤのために5台目を用意したため、レギュラー21台プラス1台となっていた。シリーズにタイヤを単独で供給するファイアストンは、今年のバーバーでのレースに向けて新しいスペックを起用する予定で、その新しいタイヤが今回のテストには持ち込まれていた。

2017年3月21日火曜日

2017 INDYCAR ニュース 3月21日:セブリング12時間はコーヴェットが優勝。フォードGTのメジャー3連勝はならず

Photo:GM Corvette Racing クリックして拡大
デイトナ24時間に続いてシボレー・エンジンが優勝
 セントピーターズバーグのすぐ後、同じフロリダ州で行われたスポーツカーの伝統的イベント=セブリング12時間レースではキャディラック・エンジン搭載(NASCARのシボレー・エンジンと兄弟)のDPi(=デイトナ・プロトタイプ・インターナショナル:世界を基準としているので、アメリカ国内限定カテゴリーが“インターナショナル”と呼ばれている)がデイトナ24時間に続いてのメジャー・レース優勝(それも同じチーム=ウェイン・テイラー・レーシングにより)を果たした。

2017年3月17日金曜日

2017 INDYCAR レポート R1 セント・ピーターズ・バーグ:久しぶりに会ったラウル・ボエゼルはフレンドリーになっていた!

セント・ピーターズ・バーグのパドックに姿を見せたボエゼル。現在御年59だが、なかなかの若々しさだ Photo:Masahiko Amano
母国ブラジルではDJとして活躍、オーランドウで新ビジネスも展開中

セント・ピーターズバーグのピットでラウル・ボエゼルに遭遇! 何年ぶりだろう?? F1GPからインディーカーに来たラウル。スポーツカーでは1987年にジャガーに乗ってワールド・チャンピオンに輝き、ル・マンでは勝てなかったものの、デイトナ24時間では優勝している。インディーカーではヒロ松下のチームメイトだった。ブラジルのビール=ブラーマをスポンサーにチーム・グリーンで走った時もあった。
 インディ500で2位で1回、3位で2回フィニッシュ。実力は充分あったけれど、とうとう優勝することなく引退。ブラジルに戻ってからはDJとして活躍(今も)。
「去年からフロリダ州オーランドウに来て、ブラジルのスナック=チキン・バイツを製造・販売するビジネスを始めたんだ。チキンだけじゃなく、甘いのもあるスナック。今はまだオーランドウだけでの展開だけど、どんどん広げて行きたい。日本でも売りたいので、興味のある人はヨロシク~」と選手時代より随分とフレンドリーなラウルでした。 
以上

2017年3月13日月曜日

2017 INDYCAR レポート R1 セント・ピーターズ・バーグ Race Day 決勝:最後尾グリッドからセバスチャン・ブルデイが優勝

2017年シーズン最初のウイナーは最後尾からスタートしたブルデイ Photo:INDYCAR(Chrisn Jones)クリックして拡大  
2017年・開幕戦
天候:晴れ
気温:24~26℃

アクシデント2回でフルコースコーションは110周中わずか8周

 2017年シーズン開幕戦ファイアストン・グラン・プリ・オブ・セント・ピーターズバーグはフロリダらしい青空の下で華々しく開催され、セバスチャン・ブルデイ(デイル・コイン・レーシング=DCR)が見事な優勝を飾った。彼のスターティング・グリッドは21番手だった。そう、最後尾スタートからの優勝が達成されたのだ。
 

Photo:INDYCAR (Chris Jones)クリックして拡大
  雨の予報も出されていた日曜日だったが、110周のレースはスタートからゴールまで完全ドライ・コンディションで争われた。2回のアクシデントにより、出されたフル・コース・コーションは8周と少なかった。