2017年5月27日土曜日

2017 INDYCARレポート 第101回インディー500 5月27日:ボーグ・ウォーナー・トロフィーのレプリカ

Photo:INDYCAR (Chris Owens)
純銀製ボーグ・ウォーナー・トロフィーの行方

 インディアナポリス500のウィナーにはボーグ・ウォーナー・トロフィーが贈られま………せん!!。手袋した人が大事そうにビクトリー・レーンでマシンの真横へと運び込み、ウィナー撮影会でもずっとマシンの佇み続ける巨大トロフィー、歴代ウィナーの顔の彫刻がグルリと貼り付けられた、あの非常にユニークなトロフィーはインディアナポリス・モーター・スピードウェイのミュージアムに展示(保管)され続けています。ウィナーには、ベイビー・ボーグと呼ばれる高さ50センチほどのレプリカが贈られるんですよ。しかも、優勝してから届くまでに、なぜか半年ぐらいかかります。

2017 INDYCAR 佐藤琢磨コメント 第101回インディー500 5月26日 カーブ・デイ:「とにかくバッド・ラックがないようにシッカリと走って、みんなが口を揃えて言うように、最後のスティントを全力で走れるようなクルマとポジションになれるよう、レースを組み立てて行きたいです」

Photo:INDYCAR (Joe Skibinski)
「マシンの感触は良かった。予想外の挙動は全くなし」

――1時間の走行でしたね。決勝前に走れる最後のチャンスでしたが、セッション前半はスピードがあまり上がらなかったように見えていましたが?
佐藤琢磨:いや、あんなものですよ。最後にスピードは上がりましたけど、あれはダウンフォースが軽過ぎ。スピードはあまり意味がないですよ。あのスピードではレースできないですからね。

――マシンの全体的な感触は?

佐藤琢磨:良かったですね。予想外の挙動とかはまったくなくて、セッションをプラン通りに進めることができました。ロング・ランという意味では、あまりロング・ランになりませんでしたけど、フルタンクでダウンフォースもハイ・ダウンフォースとロー・ダウンフォースを両方試すことができて、狙った場所を狙った通りにどこでも走ることのできるマシンになっていました。とても広い範囲に及ぶテストを行うことができたと思います。

2017 INDYCARレポート 第101回インディー500 5月26日 カーブ・デイ:最速はエリオ・カストロネヴェス!佐藤琢磨が2番手!!

カストロネヴェス、カーブ・デイで今大会初のトップタイムをマーク! Photo:INDYCAR (Forrest Mellott) クリックして拡大
天候:快晴
気温:23~24℃

ヒンチクリフ、ここにきてエンジン・ブロー!

 決勝前の最後の走行セッション、カーブ・デイの1時間のプラクティスが行われた。青々とした空の下、風もさほど吹かない最高のコンディションで出場33台のドライバーたちはマシンの最終確認を行った。
 アクシデントはなかったが、ジェイムズ・ヒンチクリフ(シュミット・ピーターソン・モータースポーツ)のエンジンがブローした模様。彼はエンジンを積み替えて決勝にブッツケ本番で臨まなくてはならなくなった。グレアム・レイホールやオリオール・セルヴィア(ともにレイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)、フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ・アンドレッティ)など、ホンダのエンジンにトラブルが幾つか出ている点は決勝に向けて気懸りだ。

2017年5月26日金曜日

2017 INDYCARレポート 第101回インディー500 5月25日 メディア・デイ:アロンソ語録

プレスカンファレンスでメディアに囲まれるアロンソ Photo:INDYCAR (David Yowe)
「最初のターンを回ったところでインディーカーには慣れていた」
 


 今日はメディア・デイ。33人のドライバーたちは世界中から集まった記者たちの質問に答えた。会場はパゴダ裏のスウィート・ルーム。ドライバー1人ずつ座れるスペースが用意されていて、記者たちはそれぞれが取材したいドライバーのところへと赴くスタイルが採られている。
 フェルナンド・アロンソは1グループ目。記者たちの大半が彼を目当てとしているので、彼が会場に現れると、一気にそこは黒山の人だかりとなった。
 そこでのコメントと、今日までアチコチで拾って来たF1チャンピオンの言葉を今日は御紹介。

――スペインGPを走って来て、今日からはインディーカー。慣れるのにはどれぐらい時間がかかりましたか?

アロンソ:最初のターンを曲がったところまでで、もうインディーカーに慣れていた。