2019年3月19日火曜日

2019 INDYCARレポート 3月17日 第67回モービル1セブリング12時間 プレゼンテッド・バイ・アドバンス・オートパーツ 決勝 :キャディラック軍団の壁厚く

開幕戦で1-2を飾ったキャディラックDPiは、セブリング12時間では表彰台を独占。耐久マシンとしての完成度の高さを見せつける結果に Photo:LAT Images クリックして拡大

雨中のスタート、PPのアキュラは序盤で電装トラブル発生
 フロリダ州セブリングでの12時間耐久レースは雨の中でスタートし、2時間ほどで曇り空になって、路面は瞬く間に乾いて行った。ドライコンディションのレースではフルコース・コーションがほとんど出されず、かなりのハイペースでバトルが続けられた。
 金曜日の予選でポールポジションと予選3位という好結果を残したチーム・ペンスキーのアキュラARX-05だったが、デイン・キャメロンの乗るポールシッターは雨のためか電気系にトラブルを出し、早々に遅れを採った。、もう1台もタイヤの内圧設定が高過ぎてハンドリングが悪く、こちらもスタート直後にトップ争いから脱落した。なんとも、ペンスキーらしくない出足だった。それでも、レースは12時間もの長さ。挽回は不可能では無いはずだった。

2019年3月17日日曜日

2019 INDYCARレポート 3月15日 第67回モービル1セブリング12時間 プレゼンテッド・バイ・アドバンス・オートパーツ 予選

デイン・キャメロン/モントーヤ/パジェノーのアキュラDPi 6号車がポール・ポジション獲得。7号車も予選3番手と好調だ Photo:LAT Images
金曜がWECで、土曜が12時間レースと史上初の同時開催
 今週末はフロリダ半島のほぼ真ん中のセブリングで伝統ある12時間耐久レースが行われる。IMSAウェザーテック・スポーツ・カー・チャンピオンシップの2019年シーズン第2戦で、サーキットは今でも空港として利用されているセブリング・インターナショナル・レースウェイ=全長3.74マイル。飛行場なので完全にフラットだが、今は滑走路として使われていない場所をコースにしているので路面は恐ろしくバンピー。しかも、ハイ・スピード・コーナーが幾つもあってチャレンジングだ。このコースの一部を使ってインディーカー・チームがストリート・レース用テストをよく行うのは、路面がバンピーなだけでなく、舗装のグリップ・レヴェルも低いからだ。今年は世界耐久選手権(=WEC)の1,000マイル・オヴ・セブリングも同じ週末に開催。金曜がWECで、土曜が12時間レース……と見る方の耐久力も試されそう。もちろん史上初めての同時開催だ。

2019年3月11日月曜日

2019 INDYCAR レポート R1 ファイアストン・グラン・プリ・オヴ・セイント・ピーターズバーグ Race Day 決勝:開幕戦ウィナーは予選2位だったジョセフ・ニューガーデン

2019シーズン開幕戦を制したのはニューガーデン。ドライヴァビリティが向上したシボレーエンジンと、マシンセッティングの改善がレッド・タイヤでライバルとの差を生み出した Photo:INDYCAR (Chris Owens) クリックして拡大
扱いやすくなったエンジン特性でシヴォレー予選1-2
 「シボレー・エンジンのドライヴァビリティが向上している」。今週末のシヴォレー・ドライヴァーたちは、チャンスがあればそう口にしていた。パワーやトルクの描くカーブを去年までとは違えて扱い易さを求め、それをある程度実現させたようなのだ。予選ではウィル・パワーがポール・ポジションで、2位はジョセフ・ニューガーデンとフロント・ロウを独占。彼らの証言は事実を示しているのかもしれない。しかし、今年もシヴォレーが頼れるのはチーム・ペンスキーだけ。他チームの最上位は予選がチャーリー・キンボール(カーリン)の8位で、決勝はスペンサー・ピゴットの11位だった。


ペンスキー勢に割って入ったディクソンが2位
ルーキー、ローゼンクヴィストは堂々の4位フィニッシュ


チップ・ガナッシのルーキー、ローゼン久ヴストは序盤からトップを走行し、表彰台はのがしたものの4位に。レーストータルでのリードラップはニューガーデンの60周に次ぐ31周を数えた Photo:INDYCAR (Karl Zemlin) クリックして拡大
 レースではニューガーデンがひとつ順位を上げて優勝し、パワーはふたつ順位をダウンさせての3位フィニッシュだった。彼ら二人の間に割って入ったのはチップ・ガナッシ・レーシングのスコット・ディクソン。彼のチームメイトのフェリックス・ローゼンクヴィストも、ルーキーながらレース序盤にトップを走った上、4位という堂々たる結果を残した。

2019年3月10日日曜日

2019 INDYCAR レポート R1 ファイアストン・グラン・プリ・オヴ・セイント・ピータースバーグ Day2:プラクティス3でもライアン・ハンター-レイが最速! しかし予選でPPを獲得したのはウィル・パワー

 ここセイント・ピータースバーグで8回目のとなるポールポジションをパワーがゲット! Photo:INDYCAR (Chris Owens)
ハンター-レイ、セッション3を制す

 快晴、気温22℃、路面33℃で始まったプラクティス3ではプラクティス2に続いてライアン・ハンター-レイ(アンドレッティ・オートスポート)が最速だった。ベストは1分00秒8966。彼はプラクティス1でも2番手と絶好調。
 2番手にはジョセフ・ニューガーデン(チーム・ペンスキー)が1分00秒9005で来た。ハンター-レイとの差は0.0039秒。そして、この次の3番手が佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)だった。ベストは1分00秒9033でトップのハンター-レイと0.0067秒、2番手とニューガーデンとは0.0028秒と差はほとんどなかった。

 琢磨は走行後、「トップ5に入れていますが、ラップ・タイムは凄く拮抗していますね。ここまで自分たちは順調にプログラムが進んで来ています。あとは予選でのレッド・タイヤ。今日は路面温度がこれまでにないぐらいに上がっているので、その中でうまくマネジメントしないといけない」と話していた。