2017年3月30日木曜日

2017 INDYCAR ニュース 3月30日:2018年用・新インディーカー・デザイン発表

ついにベールを脱いだ2018用ユニバーサル・カー。この写真のマシンは2018年のスーパースピードウェイ仕様で、比較のために現行マシンの形状が白線で示されている Photo:INDYCAR
インディーカーらしいシェイプに注目
テストはこの夏からスタート!

 3月29日にインディーカーは2018年から実戦投入される新しいインディーカー=出場全チームが使用するワンメイク・シャシーのデザインを発表した。
 「まだ開発中の段階だが、魅力的なルックスを持ち、シミュレーションから得られているデータも目標に合致している。安全性の向上もなされている」とインディーカーの競技及びオペレーション担当社長を務めるジェイ・フライは言っている。テストはこの夏の中頃までには始められる計画だ。






2017年3月27日月曜日

2017 INDYCAR レポート R1 セント・ピーターズ・バーグ レースレビュー:セバスチャン・ブルデイ “超創造的になるか、空前絶後の幸運でも手にしない限りチャンスはない戦い” を制す

Photo:INDYCAR (Chris Jones) クリックして拡大
「またやらかした」予選

  このオフにKVSHレーシングが消滅し、デイル・コイン・レーシング(=DCR)に移籍したセバスチャン・ブルデイだったが、冬の間のテストからマシンは速く、セント・ピーターズバーグでの開幕戦が始まるとプラクティス2、プラクティス3で5番手につけた。ところが、勇躍臨んだ予選でベテランらしからぬドライビング・ミスを冒し、アタック・ラップはゼロ。ブルデイはおおいに落ち込んだ。


2017年3月23日木曜日

2017 INDYCAR レポート 3月23日:バーバーで1日だけのテスト開催!

プラクティス1で最速ラップをマークしたのは佐藤琢磨!
ウィル・パワーが走行終了間際にプラクティス2及び総合でのトップ・タイムを記録


バーバー最初のセッションでトップタイムをマークした琢磨 Photo:INDYCAR (Chris Jones) クリックして拡大
 インディーカーは3月21日、アラバマ州バーミンガム郊外のバーバー・モータースポーツ・パーク(全長2.3マイル)で1日間の合同テストを開催した。アップ・アンド・ダウンに富み、路面もスムーズな常設ロードコースで速いのはどのチームか、どのエンジン&エアロのコンビネーションか。この地でのレースは4月下旬にシリーズ第3戦として開催される(決勝は4月23日)。参加したのは22台。チーム・ペンスキーがGP オブ・インディアナポリスに出場予定のファン・パブロ・モントーヤのために5台目を用意したため、レギュラー21台プラス1台となっていた。シリーズにタイヤを単独で供給するファイアストンは、今年のバーバーでのレースに向けて新しいスペックを起用する予定で、その新しいタイヤが今回のテストには持ち込まれていた。

2017年3月21日火曜日

2017 INDYCAR ニュース 3月21日:セブリング12時間はコーヴェットが優勝。フォードGTのメジャー3連勝はならず

Photo:GM Corvette Racing クリックして拡大
デイトナ24時間に続いてシボレー・エンジンが優勝
 セントピーターズバーグのすぐ後、同じフロリダ州で行われたスポーツカーの伝統的イベント=セブリング12時間レースではキャディラック・エンジン搭載(NASCARのシボレー・エンジンと兄弟)のDPi(=デイトナ・プロトタイプ・インターナショナル:世界を基準としているので、アメリカ国内限定カテゴリーが“インターナショナル”と呼ばれている)がデイトナ24時間に続いてのメジャー・レース優勝(それも同じチーム=ウェイン・テイラー・レーシングにより)を果たした。