2017年5月29日月曜日

2017 INDYCARレポート 第101回インディー500 5月28日 決勝:佐藤琢磨がインディ500で優勝

Photo:INDYCAR (Shawn Gritzmacher)
アンドレッティ・オートスポート、4年間で3度目の勝利

 予選4位だった佐藤琢磨(アンドレッティ・オートスポート)が、一時は17番手まで落としながら、冷静に順位を挽回してトップ争いへと復活した。
 アレクサンダー・ロッシがピット・ストップで大きく遅れ、ライアン・ハンター-レイはエンジントラブルでリタイアを喫した。そして、F1チャンピオンのフェルナンド・アロンソは、スタートからずっと優勝争いに絡んでいたものの、残り20周でスローダウンした。こちらもエンジントラブルだった。

2017 INDYCAR 佐藤琢磨コメント 第101回インディー500 5月28日 決勝:「インディー500で勝つということは自分のレース人生の中でも最高の瞬間。日本にとっても、チームにとっても、ホンダにとっても本当にスペシャルな優勝だと思う」

インディー500チャンピオンキャップをかぶって記者会見会場に臨んだ Photo:INDYCAR (Dana Garrett)クリックして拡大
レース後の共同記者会見より

「最高の形でレースを送れて本当の幸せです」

――今の気持ちを教えてください

佐藤琢磨:もう信じられないですね。うれしいですが、本当に勝ったんだという、何か現実ではないみたいで。今もあんなに天気がよかったのに嵐になっているし、観客も誰もいなくなっているし。
 だけど35万人のなかで走るということだけでもスペシャルで、この5月に入ってから、チームメイトとともにクルマを作り上げてきた結果が、こういう形で、最高の形でレースを送ることができたので本当に幸せです。

「スタートはそこそこ良かったです。その後一気に下まで落ちたのですが
落ち着いて1台1台抜いて6位まで復活できたのがよかったです」
 

――スタートからの状況を教えてください。意外とおとなしめに行きましたね?

佐藤琢磨:そうですね。セカンドロウからのスタートだったので、無理する必要はないですし、TK(トニー・カナーン)がすごい勢いできたのがちょっとびっくりしましたが、でも基本的に5、6番手につけたいなというイメージだったので、多少ポジションは落としましたが、まずはクルマを感じながら、その後のスティントをどう走っていこうかという意味では、そこそこにいいスタートだったと思います。

2017 INDYCAR フォトリポート 第101回インディー500 佐藤琢磨優勝 その4

マイケル・アンドレッティと並んでブリックヤードにキス 「マイケルとクルーには、いくら感謝してもし足りない」Photo:INDYCAR (Chris Jones) クリックして拡大

2017 INDYCAR フォトリポート 第101回インディー500 佐藤琢磨優勝 その3

「ミルクの味は最高でした」 Photo:INDYCAR (Shawn Gritzmacher) クリックして拡大