2019年7月15日月曜日

2019 INDYCARレポート R11 ホンダ・インディー・トロント Race Day 決勝:シモン・パジェノーが今シーズン3勝目


 
ポール・トゥー・フィニッシュで今シーズン3勝目を飾ったパジェノー。54ポイントを追加して、トップのニューガーデンに39ポイント差に迫る Photo:INDYCAR (Chris Owens) クリックして拡大

完璧にマシンを仕上げきったパジェノー

 今年のトロントは3日間の週末中、一度も雨に悩まされることはなかった。雷雲が訪れたのは予選終了直後で、インディカーの走行には何ら影響を及ぼすことはなかった。45分間のプラクティスが3回、3段階の予選、そして決勝日には30分間のウォームアップと、すべてが完全なるドライコンディションだった。トロントのコースはグリップが極めて低く、路面の材質が場所々々で異なる難しいキャラクターだが、今年のエントラントたちはマシンの仕上がりレベルを例年よりかなり高くできていたはずだ。そして、この長いプラクティス時間をフルに味方につけたのがシモン・パジェノー(チーム・ペンスキー)だった。


2019 INDYCARレポート R11 ホンダ・インディー・トロント Race Day ウォームアップ:フェリックス・ローゼンクヴィストが最速

ローゼンクヴィスト、ブラックタイヤでトップタイム!
 決勝日のトロントは朝から快晴。気温が26℃、路面温度が44~45℃という今週末で最も温度の高いコンディションとなった。
 出場22台は30分間のセッションでブラックとレッド、両方のタイヤをトライするところが多かった。そして、最速ラップとなる59秒9469を予選3位だったフェリックス・ローゼンクヴィスト(チップ・ガナッシ・レーシング)が、ブラック・タイヤで記録した。27歳のスウェーデン出身ルーキーは、2列目イン側グリッドからキャリア初優勝を目指す。その準備は万端といったところだろう。

2019年7月14日日曜日

2019 INDYCARレポート R11 Day2 :佐藤琢磨とセバスチャン・ブルデイのいざこざ


 土曜日のプラクティス3終了後、佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)とセバスチャン・ブルデイ(デイル・コイン・レーシング・ウィズ・ヴァッサー・サリヴァン)がピット・ロード上で掴み合いになった。

 セッション終了間際にグレアム・レイホール(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)がクラッシュ。全車に1周の計測ラップが許されることになり、ピット・ロードからほぼすべてのマシンがコースへと出て行ったのだが、ピット・アウトからの1ラップだけでタイヤをできる限りウォーム・アップする必要があり、しかも前を行くマシンとの間に間隔も保たなければならない状況だった。ここでブルデイが琢磨を強引にパス。その行為を琢磨はアンフェアと考えたため、「どういうつもりなのか?」を尋ねに行った。そして、それはトラブルへと発展した。


2019 INDYCARレポート R11 ホンダ・インディー・トロント Day2 予選:シモン・パジェノーがポールポジション獲得



Photo:INDYCAR (Shawn Gritzmacher) クリックして拡大

喜ぶパジェノー「ファスト6は完璧な戦い方ができた」

 金曜日のプラクティス2、今日のプラクティス3で連続してトップ・タイムを記録していたシモン・パジェノー(チーム・ペンスキー)が、今週一番の暑さとなった予選でもマシンのパフォーマンスをフルに引き出し、ユーズド・レッドで58秒4293という目覚ましいラップを記録、ポール・ポジションを獲得した。PPは今年のインディ500以来で、今シーズン2回目、キャリア通算12回目だ。トロントでの自己ベスト・フィニッシュは昨年の2位。それを明日、塗り替えることができるか。
 「とてもいいアタック・ラップをファイナル・ステージで実現できた。今朝の時点で自分のベストは58.3秒か58.5秒と予想していて、ちょうどその間になった。今週末、僕らのマシンはずっと調子がいい。だた、ピットの位置が後方なので、予選を戦うのは難しい。スペースを取って、タイヤを十分に温めるのがQ1、Q2では大変だった。しかし、ファイアストン・ファスト6では完璧な戦い方ができた。タイヤも十分な温度まで持って行けたので、走っていてとても楽しかった。マシンから全てを引き出せたと思う。自分の期待通りの結果を手にできた今回のような時、本当に大きな喜びを得られる」とパジェノーは話した。