2018年7月30日月曜日

2018 INDYCARレポート R13 ホンダ・インディー200・アット・ミッド・オハイオ Race Day 決勝:アレクサンダー・ロッシが圧勝

ポール・ポジションスタートからの2ストップ作戦を選択したロッシ。燃費走行でも十分な速さを見せつけての勝利だった Photo:INDYCAR (Chris Jones) クリックして拡大

2ストップ作戦でポール・トゥ・フィニッシュ!

 ポール・スタートだったアレクサンダー・ロッシ(アンドレッティ・オートスポート)は、ミッド・オハイオ・スポーツ・カー・コースを90周するレースを2回のピット・ストップで走り切り、今季2勝目、キャリア4勝目を挙げた。
 予選2位だったウィル・パワー(チーム・ペンスキー)はとうとう一度もロッシにアタックできず、作戦でアドバンテージをつかむことも叶わず3位でゴールした。
 ライアン・ハンター-レイ(アンドレッティ・オートスポート)は予選3位から3ストップ作戦で戦ったが、2ストップの若いチームメイトに大差をつけられ、7位フィニッシュだった。

2018年7月29日日曜日

2018 INDYCARレポート R13 ホンダ・インディー200・アット・ミッド・オハイオ Day2 予選:ミッド・オハイオ、ポールポジションはアレクサンダー・ロッシ=今季3回目

今シーズン、ロードコースでのパフォーマンスに自信を失いかけていたなかでのポールポジション獲得にロッシは喜びを爆発させた Photo:INDYCAR (Chris Owens) クリックして拡大
ロッシ、インディーカーきってのテクニカルコースでPP

 インディーカー・シリーズきってのテクニカル・ロードコースといっていいミッド・オハイオ・スポーツ・カー・コース(全長2.258マイル)でポール・ポジションを獲得したのはアレクサンダー・ロッシ(アンドレッティ・オートスポート)だった。今季3回目(1、2回目はロング・ビーチ、デトロイト/レース2)、キャリア4回目だ(キャリア初は2017年ワトキンス・グレン・インターナショナル)。
 今回のファイナルに進んだ6人をQ2での成績順に並べると、ライアン・ハンター-レイ(アンドレッティ・オートスポート)、ウィル・パワー(チーム・ペンスキー)、ロッシ、マックス・チルトン(カーリン)、ジョセフ・ニューガーデン(チーム・ペンスキー)、そしてロバート・ウィッケンズ(シュミット・ピーターソン・モータースポーツ)の順だった。


2018 INDYCARレポート R13 ホンダ・インディー200・アット・ミッド・オハイオ Day2 プラクティス3:プラクティス3でグレアム・レイホールがトップ・タイム! 佐藤琢磨は9番手


2日目最初の走行でトップとなったレイホール。ホンダブリッジからターン7にアプローチする Photo:INDYCAR (Joe Skibinski) クリックして拡大
赤旗多発でブツ切りのセッションとなる中
レイホールがタイミング良いアタックに成功


 快晴だが気温は18~19℃と低く、路面温度も27~31℃の間に収まっていた土曜日午前中のプラクティス3は、レッド・フラッグ多発でブツ切りのセッションとなったが、その中でタイミングよくアタックを敢行、ベスト・ラップとなる1分05秒2067をマークしたのは地元のグレアム・レイホール(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)だった。涼しいコンディションもあり、昨日の午後にライアン・ハンター-レイ(アンドレッティ・オートスポート)がレッド・タイヤでマークした1分05秒1950に迫るタイムが記録された。

2018年7月28日土曜日

2018 INDYCARレポート R13 ホンダ・インディー200・アット・ミッド・オハイオ Day1 プラクティス2:プラクティス2最速はライアン・ハンター-レイ

午後のセッションではハンター-レイがこの日のトップタイムをマーク。アンドレッティ・オートスポートは、1日目トータルでロッシが5位、マルコ・アンドレッティが7位、ヴィーチが13位とベースセッティングがよいことをアピール Photo:INDYCAR (Joe Skibinski) クリックして拡大

安定したコンディションでタイム争いが激化

 プラクティス1の気温は23~24℃。路面が37~38℃。プラクティス2は気温が24~25℃とほとんど変わらず。路面は43℃とやや上昇したが、ほぼ同じコンディションでセッティングを進めるのには格好のものとなっていた。
 こうしたコンディションでは当然コンペティションは激しくなる。トップ5がコンマ3秒、トップ9がコンマ5秒以内に収まっていた。