2019年2月14日木曜日

2019 INDYCARレポート オープンテスト at COTA Day2 プラクティス4:テスト2日目の最速はアレクサンダー・ロッシ


オープンテスト2日間の最後のセッションでついにロッシがトップタイムをマーク。ハータの4セッション連続トップを阻んだ Photo:INDYCAR (Joe Skibinski) クリックして拡大
天候:晴れ
気温:10~19℃


アレクサンダー・ロッシがついにこのセッションのトップに

 テスト1日目を席巻したコルトン・ハータ(ハーディング・スタインブレナー・レーシング)は、前日以上に寒いコンディションで始まったプラクティス3でもトップ・タイムをマークした。「この分だと午後も最速で、全4セッションで”アタマを獲る”ことになるかも」と考えた。実際、彼はプラクティス4が後半に入ってもタイム・モニターのトップにいた。
 しかし、最後の最後でアレクサンダー・ロッシ(アンドレッティ・オートスポート)が1分46秒8535を出してトップに立った。ベテランが意地を見せ、ルーキーの4セッション制覇を阻んだ。

2019 INDYCARレポート オープン・テスト at COTA Day2 プラクティス3:ルーキーのコルトン・ハータが3セッション連続で最速!

パジェノー、カストロネヴェスのペンスキー勢を先頭にコースイン Photo:INDYCAR (John Cote)クリックして拡大
アンドレッティ勢がプラクティス3をリード

 オープン・テスト2日目の朝6時、気温0℃しかなかった。7時でも1℃。どうなることか……と心配したが、空はずっと快晴、昨日のように風が吹いていなかったことから走行開始の10時には11℃まで気温が上昇していた。路面は13.34℃。 


2日目朝は寒かった。クルマの屋根が凍ってます
 マルコ・アンドレッティ(アンドレッティ・オートスポート)、アレクサンダー・ロッシ(アンドレッティ・オートスポート)がセッション開始早々にコース・イン。ロッシは2周目に1分49秒5934を出してトップに。それをマルコが2ラップ目の1分48秒6098=昨日の自己ベストより上=で逆転。次にトップに立ったのはライアン・ハンター-レイ(アンドレッティ・オートスポート)=1分48秒3397と、セッション序盤からアンドレッティ勢がペース・セッターとなった。

2019年2月13日水曜日

2019 INDYCARレポート オープン・テスト at COTA Day1 プラクティス2:ハータ二世、またしてもトップタイム!

午後のセッションでもハータ二世はベテラン勢を寄せ付けないタイムでCOTA初日の首位をキープ Photo:INDYCAR (Chris Jones) クリックして拡大
気温と路面温度が上昇した午後のセッション
ベテラン勢も48秒台を続々とマーク


 プラクティス1の最後は気温が15℃、路面も21℃以上になっていた。
 プラクティス2は午後2時半スタート。気温は17℃まで上昇。陽が照り続けたことで路面もまでアップした。ただし、午後も風はまだ強いままだった。


ロッシがコルトン・ハータのタイムを更新して暫定トップに浮上 Photo:INDYCAR (Joe Skibinski)クリックして拡大
 走行開始30分、アレクサンダー・ロッシ(アンドレッティ・オートスポート)が自身のこのセッション2周目に午前中のトップ・タイム(by コルトン・ハータ)を抜く1分48秒3967をマークしてトップに立ち、すぐに1分48秒2043まで縮めた。
 ウィル・パワー(チーム・ペンスキー)もペース・アップ。午後3時前に1分48秒0319でトップに躍り出た。
 朝のセッションで2番手だったマーカス・エリクソン(シュミット・ピーターソン・モータースポーツ)もプラクティス1最速ラップを上回る1分48秒5596を出して3番手。
 彼らに続いたのはサンティーノ・フェルッチ(デイル・コイン・レーシング)。今年はフル・シーズン・エントリーする予定のルーキーが1分48秒3851で3番手に食い込んだ。

2019 INDYCAR オープン・テスト at COTA Day1 プラクティス1::プラクティス1最速はコルトン・ハータ


コルトン・ハータがCOTA最初のセッションでトップ・タイムをマーク Photo:INDYCAR (John Cote) クリックして拡大
ハータとエリクソン、ルーキー2人がCOTA初の走行で1-2

 2時間のプラクティス1、寒さの中で始まり、陽が出て気温も路面温度も上がったとはいえ、まだまだ3月のレース本番とは大きく異なるであろうコンディションでの走行では、ルーキーのコルトン・ハータ(ハーディング・スタインブレナー・レーシング)の1分48秒7443がトップだった。彼は16周をこなし、ベストは最終ラップに記録した。