2019年5月21日火曜日

2019 INDYCARレポート 第103回インディアナポリス500 Day7 プラクティス8:マンデー・プラクティスでもシモン・パジェノーが最速

ブーストが下がり、気温が低いコンディションになっても速さをみせたパジェノー。ニューガーデンが2番手につけたほか、カストロネヴェス7番手、パワー8番手とペンスキーは安定している Photo:INDYCAR (Mike Harding) クリックして拡大

チーム・ペンスキーが1-2!
ラスト・ロウ予選から出場権を得たヒンチクリフが3番手

 予選終了の翌日、正午に始まった2時間のプラクティスは、レースを想定しての集団走行が延々と続けられた。気温が16~17℃と低いコンディション下、トウを利用してのパスが繰り返され、各チームともトラフィックの中でのハンドリングのチェックを行っていた。
 最速ラップを記録したのはシモン・パジェノー(チーム・ペンスキー)。昨日の予選でインディー500における初ポール・ポジションを4ラップ平均229.992mphで獲得した彼は、今日のプラクティスではエンジンのターボ・ブーストが決勝用に下げられているものの228.441mphを記録した。

2019年5月20日月曜日

2019 INDYCARレポート 第103回インディアナポリス500 予選Day2:フェルナンド・アロンソ&マクラーレンがまさかの予選落ち!

Photo:INDYCAR (Joe Skibinski) クリックして拡大
アロンソ、新しいセッティングに失敗!
ラスト・ロウ・シュートアウト前のプラクティスで6周しか走れず

 

 第103回インディアナポリス500の予選2日目は、朝から雨に見舞われたが、午前10時過ぎに”ラスト・ロウ”を争う6人のためのプラクティスが始まった。
 ここでフェルナンド・アロンソ(マクラーレン)は6周しか走れず、220.009mphしか出せなかった。新しいセッティングをトライしたが、それが失敗に終わったのだ。2017年に彼が共に戦ったチーム、アンドレッティ・オートスポートから、インディカーで最も重要なパーツとも言えるダンパーの提供を受けたが、ライドハイトの設定を間違ってしまったようだ。インディ500へのスポット参戦をしているチームは、もはや完全に負のスパイラルに嵌ってしまっていたのだ。

2019 INDYCAR 佐藤琢磨コメント 第103回インディアナポリス500 予選:予選1日目終了=佐藤琢磨にインタヴュー

Photo:INDYCAR (Joe Skibinski) クリックして拡大
去年よりは良いですが大満足の予選とはなりませんでした

――予選1日目が終わりましたが、今日のコンディション、自分のマシンはどうでしたか?
佐藤琢磨:そうですね、難しいコンディションだったと思います。どうだろう? 最初の7~8台はすごく良いコンディションの中で走れたと思うけど、10台目以降はもうどんどん、どんどん気温が上がっていって、風も今日は強かった。僕はクルマの中にいたからわからなかったけど、突風が吹いてたりもしてたから、やっぱり難しかったですね。自分のアタックでもクルマが風の煽りを受けて、ターン2でちょっとアクセルをリフトせざるを得なかったので、まぁ心残りと言えば心残り。だけど、チームが後で計算したら、あのリフトによるロスは、4周のトータルに対してコンマ1mphぐらいにしかなっていなかったので、リフトなしで行けてても順位は変わらずでしたね、結果的には。もうちょっとクルマのセット・アップをうまく持って行けてたらな、とは思いますけど、条件はみんな一緒ですから。去年よりは良いですけど、大満足の予選とはなりませんでした。

2019年5月19日日曜日

2019 INDYCARレポート 第103回インディアナポリス500 予選:インディー500の予選1目、最速はスペンサー・ピゴット。佐藤琢磨は14位。フェルナンド・アロンソは30位までに入れず!

予選1日目のトップタイムをマークしたピゴット。ECRは全車がファスト6進出を果たした Photo:INDYCAR (Joe Skibinski) クリックして拡大
シヴォレー勢、暫定ながらフロント・ロウ独占!
ペンスキーは3台が2-3-4位でファスト9進出

 第103回インディアナポリス500の予選1日目が開催され、スペンサー・ピゴット(エド・カーペンター・レーシング)が4ラップ平均230.830mphのアタックを完成させ、暫定ポール・ポジションを獲得した。
 予選2番手はウィル・パワー(チーム・ペンスキー)=230.081mph。ピゴットとのスピード差は0.0023mphしかなかった。これはタイムにすると0.0011秒という僅差だった。2.5マイルのコースを4周しての差が、である。
 予選3番手はシモン・パジェノー(チーム・ペンスキー)の229.854mph。シヴォレーが暫定ながらフロント・ロウを独占。4番手もシヴォレー・ユーザーのジョセフ・ニューガーデン(チーム・ペンスキー)だった。ペンスキー勢はスポット参戦のエリオ・カストロネヴェスが12位でファスト9入りできなかったが、3人が2列目までに入り実力のほどを示した。