2016年9月21日水曜日

2016 INDYCAR ニュース 9月20日:ジョセフ・ニューガーデンがチーム・ペンスキー入りか?

昨シーズン2勝、今シーズン1勝。テキサスでの骨折にもかかわらずランキング4位につけたニューガーデンの実力は本物。ペンスキー入りとなれば、ファンが待望したアメリカ人のペンスキー・ドライバー誕生となるが…… Photo:INDYCAR (Joe Skibinski)  
ペンスキーから放出されるのはモントーヤ!?

 エド・カーペンター・レーシングとの単年契約がシーズン閉幕とともに終了するジョセフ・ニューガーデン(25歳)は、2017年はロジャー・ペンスキー率いるシリーズ最強チームで走ることとなりそうだ。

2016年9月20日火曜日

2016 INDYCAR 佐藤琢磨コメント 第16戦 ゴープロ・グランプリ・オブ・ソノマ Race Day 決勝 その4:「自分たちは来年、今シーズンよりもずっと良くなると思ってます。全車同じ新エアロが導入される2018年につなげるために、来年シッカリ走れるような準備をしたいですね」

「これで辞められない!ここで辞めたらもったいない!!」

――来年は、どうでしょうか?

佐藤琢磨:コレで辞められないですよ。ここで辞めたらもったいないですよね。どんどん後退したまま終わっちゃうみたいだから。やっぱりもう1回、シッカリと上位で戦って行きたいと考えています。

2016年9月19日月曜日

2016 INDYCAR 佐藤琢磨コメント 第16戦 ゴープロ・グランプリ・オブ・ソノマ Race Day 決勝 その3:「大きなトライができたシーズンでした。今までなら考えつかなかったり、やれなかった部分でたくさんトライできました」

「チームとしてはリザルト以上に進化を遂げたシーズンでした」

――次に、今シーズンを振り返ってください。ストリートでは奮闘していましたね?

佐藤琢磨:だから、ストリートが少ないですよね。ボストンはなくなっちゃったし。相変わらず、イジメが続いてますね。

2016 INDYCAR 佐藤琢磨コメント 第16戦 ゴープロ・グランプリ・オブ・ソノマ Race Day 決勝 その2:「8番手まで上がってたところでみんなと同じストラテジーになる展開になってたら良かったですけどね。だけど全ラップ思い切りプッシュしていたし、精一杯がんばりました」

「ヒンチクリフとのバトルは、やっつけたかったですね」

――最後はトニー・カナーン(チップ・ガナッシ・レーシング・チームズ)とバトルになりました。

佐藤琢磨:はい。前にジェイムズ・ヒンチクリフ(シュミット・ピーターソン・モータースポーツ)がいたんですが、どうも前のクルマに近づくと厳しいですね。なかなか近づけなくて。アソコのバトルでは相手をやっつけたかったですけど、ちょっとスピードが足りなかったですね。