2019年2月14日木曜日

2019 INDYCARレポート オープンテスト at COTA Day2 プラクティス4:テスト2日目の最速はアレクサンダー・ロッシ


オープンテスト2日間の最後のセッションでついにロッシがトップタイムをマーク。ハータの4セッション連続トップを阻んだ Photo:INDYCAR (Joe Skibinski) クリックして拡大
天候:晴れ
気温:10~19℃


アレクサンダー・ロッシがついにこのセッションのトップに

 テスト1日目を席巻したコルトン・ハータ(ハーディング・スタインブレナー・レーシング)は、前日以上に寒いコンディションで始まったプラクティス3でもトップ・タイムをマークした。「この分だと午後も最速で、全4セッションで”アタマを獲る”ことになるかも」と考えた。実際、彼はプラクティス4が後半に入ってもタイム・モニターのトップにいた。
 しかし、最後の最後でアレクサンダー・ロッシ(アンドレッティ・オートスポート)が1分46秒8535を出してトップに立った。ベテランが意地を見せ、ルーキーの4セッション制覇を阻んだ。

2019 INDYCARレポート オープン・テスト at COTA Day2 プラクティス3:ルーキーのコルトン・ハータが3セッション連続で最速!

パジェノー、カストロネヴェスのペンスキー勢を先頭にコースイン Photo:INDYCAR (John Cote)クリックして拡大
アンドレッティ勢がプラクティス3をリード

 オープン・テスト2日目の朝6時、気温0℃しかなかった。7時でも1℃。どうなることか……と心配したが、空はずっと快晴、昨日のように風が吹いていなかったことから走行開始の10時には11℃まで気温が上昇していた。路面は13.34℃。 


2日目朝は寒かった。クルマの屋根が凍ってます
 マルコ・アンドレッティ(アンドレッティ・オートスポート)、アレクサンダー・ロッシ(アンドレッティ・オートスポート)がセッション開始早々にコース・イン。ロッシは2周目に1分49秒5934を出してトップに。それをマルコが2ラップ目の1分48秒6098=昨日の自己ベストより上=で逆転。次にトップに立ったのはライアン・ハンター-レイ(アンドレッティ・オートスポート)=1分48秒3397と、セッション序盤からアンドレッティ勢がペース・セッターとなった。

2019年2月13日水曜日

2019 INDYCARレポート オープン・テスト at COTA Day1 プラクティス2:ハータ二世、またしてもトップタイム!

午後のセッションでもハータ二世はベテラン勢を寄せ付けないタイムでCOTA初日の首位をキープ Photo:INDYCAR (Chris Jones) クリックして拡大
気温と路面温度が上昇した午後のセッション
ベテラン勢も48秒台を続々とマーク


 プラクティス1の最後は気温が15℃、路面も21℃以上になっていた。
 プラクティス2は午後2時半スタート。気温は17℃まで上昇。陽が照り続けたことで路面もまでアップした。ただし、午後も風はまだ強いままだった。


ロッシがコルトン・ハータのタイムを更新して暫定トップに浮上 Photo:INDYCAR (Joe Skibinski)クリックして拡大
 走行開始30分、アレクサンダー・ロッシ(アンドレッティ・オートスポート)が自身のこのセッション2周目に午前中のトップ・タイム(by コルトン・ハータ)を抜く1分48秒3967をマークしてトップに立ち、すぐに1分48秒2043まで縮めた。
 ウィル・パワー(チーム・ペンスキー)もペース・アップ。午後3時前に1分48秒0319でトップに躍り出た。
 朝のセッションで2番手だったマーカス・エリクソン(シュミット・ピーターソン・モータースポーツ)もプラクティス1最速ラップを上回る1分48秒5596を出して3番手。
 彼らに続いたのはサンティーノ・フェルッチ(デイル・コイン・レーシング)。今年はフル・シーズン・エントリーする予定のルーキーが1分48秒3851で3番手に食い込んだ。

2019 INDYCAR オープン・テスト at COTA Day1 プラクティス1::プラクティス1最速はコルトン・ハータ


コルトン・ハータがCOTA最初のセッションでトップ・タイムをマーク Photo:INDYCAR (John Cote) クリックして拡大
ハータとエリクソン、ルーキー2人がCOTA初の走行で1-2

 2時間のプラクティス1、寒さの中で始まり、陽が出て気温も路面温度も上がったとはいえ、まだまだ3月のレース本番とは大きく異なるであろうコンディションでの走行では、ルーキーのコルトン・ハータ(ハーディング・スタインブレナー・レーシング)の1分48秒7443がトップだった。彼は16周をこなし、ベストは最終ラップに記録した。

2019 INDYCARレポート 2019オープンテスト at COTA:2019 インディーカー・オープン・テスト始まる

一面真っ白なミネアポリス・セイント・ポール空港。これでも気温は予想よりも寒くはなかった Photo:Masahiko Amano クリックして拡大
夜9時、嵐の過ぎ去ったオースティンに到着
テスト初日の朝も気温は9℃!

 羽田を発ち、真っ白な雪景色ながら意外や気温はマイナス4℃とマイルドだったミネアポリス・セイント・ポール空港を経由、乗り継ぎ失敗の不安皆無のトランジット5時間というスケジュールでテキサス州オースティンに夜9時過ぎに到着した。こちらの気温は16℃。暴風雨の後だったらしく、空港周りの路面は、レンタカーの駐車場の中まで触れていた。
 明けて火曜日。朝6時に起きるとまだ陽は出ていなかった。空は曇っている風で、気温は前の晩よりグッと冷え込んだ9℃。テキサスでのテストは温暖な気候を期待していたのに……。

2019年2月6日水曜日

2019 INDYCAR ニュース 2月5日:アキュラがロングビーチGPの冠スポンサーに


今シーズンからの冠スポンサーになることを発表するアキュラ副社長兼ジェネラル・マネジャーのジョン・イケダ Photo:(C)Honda クリックして拡大
大会名は”アキュラ・グランプリ・オブ・ロング・ビーチ”に
 アメリカ最大のストリート・レース・イベント=ロング・ビーチ・グラン・プリ(LBGP)は、NTTインディーカー・シリーズとIMSAウェザーテック・スポーツカー・チャンピオンシップという二つのメジャー・レースを同じ週末に開催する。その、今年が第45回目の開催となるビッグ・イベントのタイトル・スポンサーがアキュラ(ホンダの1ブランド)になる。

2019年1月30日水曜日

2019 INDYCAR フォト・リポート:2019 デイトナ24時間 ザナルディに再会!

Photo:Masahiko Amano クリックして拡大
 BMW チームRLLの24号車でGPLMクラス出場のザナルディ
2020東京パラリンピックに虎視眈眈

「2020東京パラリンピック、出るべくトレーニング始める!」
とザナルディが金曜日に宣言しました。もし出場決まったら、ホンダからすごい応援団が来ることになるでしょう。
是非そうなって欲しい!

2019年1月29日火曜日

2019 INDYCARレポート 1月28日:デイトナ24時間、勝者はフェルナンド・アロンソと小林可夢偉を助っ人にしたウェイン・テイラー・レーシング


Photo:(C)Rolex クリックして拡大
予選6位からの優勝!

 IMSAが創立59周年を迎える2019年シーズンの開幕戦、デイトナ24時間レースがフロリダ州デイトナ・ビーチで開催され、ウェイン・テイラー・レーシング(WTR)のコニカ・ミノルタ/キャディラックDPi-V.Rが優勝した。
 予選で活躍したのはマツダ・ヨースト・レーシングと、アキュラ・チーム・ペンスキー。PJ・ジョーンズ(AARトヨタ/イーグル・マークIII)のレコードを26年ぶりに塗り替えたのは、オリヴァー・ジャーヴィスの乗ったマツダRT24-Pだった。2、3位がアキュラARX-05。4位がまたマツダと日本ブランドがトップ4を占めた。マツダは一昨年途中からスポーツカー最強チームと言っていいドイツのヨーストと、アキュラはアメリカの伝説的レーシング・チームのペンスキーとタッグを組んでIMSA DPiにチャレンジしている。

2019年1月25日金曜日

2019 INDYCARレポート 1月24日:デイトナ24時間/予選 マツダがPPと予選4位、アキュラが予選2、3位


マツダに初のオーバー・オールでのポールポジションをもたらした77号車のオリバー・ジャービス Photo:Lat Images クリックして拡大
午前10時過ぎ、ハーフ・ウェットでプラクティス開始
午後のセッションのトップ4は4メーカーに分散


 激しいストームは朝方に大西洋へと抜け、公式練習1回目は予定どおりに午前10時20分に始まった。気温は20℃と高め。しかし、路面はハーフ・ウェットでスタート。セッションの最後にようやくほぼドライに……という状況だった。トップ3はキャディラック勢が占めたが、本格的走行を行わないチームもあった。
 午後になって2回目のプラクティスが行われるころ、路面は完全なドライ・コンディションになっていた。全カテゴリーがスピード・アップし、各エントラントの実力が見え始めた。DPiのトップ・タイムは合同テストでも最速だったマツダの1台=55号車がマークし、2番手は昨年のデイトナで勝ったキャディラックの5号車が記録。3番手は今年は1台だけになっているニッサン(しかもチームは昨年までとは異なる)、4番手はアキュラの7号車だった。トップ4が異なる4ブランドのマシン。IMSAのルール=バランス・オブ・パフォーマンスは去年より更にうまく行っていると見えた。

2019年1月24日木曜日

2019 INDYCARレポート 1月23日:デイトナ24時間が明日開幕

アロンソの乗るコニカミノルタキャディラックDPiーVR Photo:Masahiko Amano クリックして拡大
アメリカの2019モータースポーツ・シーズンが開幕!
 アメリカのIMSAウェザーテック・スポーツカー・チャンピオンシップ開幕戦=ロレックス24アット・デイトナ(デイトナ24時間レース)の公式日程が明日スタートする。アメリカ・オリジナルのスポーツカー最高峰=DPi(デイトナ・プロトタイプ・インターナショナル)を頂点とする4カテゴリーに合計47台がエントリー(DPi:11台、LMP2:4台、GTLM:9台、GTD:23台)。土曜日の夕方に24時間に渡る耐久レースのスタートが切られる。

2019年1月16日水曜日

2019 INDYCAR ニュース 1月16日:インディーカー・シリーズに新タイトル・スポンサー=NTT

デトロイト・ショウでインディーカーとNTTがタイトルスポンサー契約を発表 Photo:INDYCAR(Chris Owens) クリックして拡大
NTTがインディーカーと複数年契約

 世界最大のオート・ショウ=ノース・アメリカン・インターナショナル・オート・ショウ(いわゆるデトロイト・ショウ)でインディーカーが2019年からの新しいシリーズ・タイトル・スポンサーを発表した。それは日本企業のNTTで、彼らとインディーカーは複数年契約を交わしたという。5シーズンに渡ってシリーズ・スポンサーを務めて来たヴェライゾンとの契約が昨シーズンをもって終了。インディーカーは新しいパートナーを求めて来たが、無事に2019年シーズン開幕前に新スポンサーの獲得、発表に漕ぎ着けることができた。