2015年5月30日土曜日

2015 INDYCAR 佐藤琢磨コメント R7 シボレー・デュアル・イン・デトロイト Day1 レース1 予選:「ここまでキッチリとパフォーマンスを出せたことはすごくポジティブです。明日は雨かもしれませんが、グリッド2列目なので水飛沫は問題ありません」

Photo:INDYCAR(Joe Skibinski) クリックして拡大
「予選4位は今年のベストですから、素直にうれしいです」

Jack Amano(以下――):2年連続のポール・ポジションか? という戦いになっていましたね。

佐藤琢磨(TS):満足です。上を見ればきりがないですけども、フロント・ロウのスピードにはちょっと届かなかったかな。全部を絞り出しても、あと0.1秒縮められたか……。そうできていたら3位に入れていたかもしれないけど、タラレバを言っていてもしょうがないので。トップ6に入れたし、今年のベストですから。セント・ピーターズバーグは5位だったし、トップ6が2回目というのは素直に嬉しいです。
 ここまでクルマを仕上げてくれたクルーとチームに御礼を言いたい。また、ホンダ、HPDとワース・リサーチがかなりのハードワークをこなして来てくれています。安全対策として新しいフロント・ウィングを今回から入れていますけど、ここまでキッチリとパフォーマンスを出せたっていうのはすごくポジティブです。

――明日は雨の予報もあります。予選は非常によく2列目ですが?

佐藤琢磨:でも、雨でも前にいる方が水飛沫のことからも前の方にいるのが有利です。だから、それは問題視してないです。それよりも、雨でもキッチリとグリップをしてくれるような路面だといいんだけど……。新しいパートのコンクリートはまだ荒いのでグリップをしてくれると思うけど、それは明日になってみないとわからないです。

「予選前、ピットで大きくセッティングを変えたのが功を奏しました」

――日曜にもうひとつレースがありますが、そちらに向けても、全体的に見てマシンの仕上がり状況は良いということですよね?

佐藤琢磨:そうですね。走り出しの時から良い感触を掴んでいましたし、予選の時のブラック・タイヤでのタイムもコンペティティブだった。それは良かったと思います。ただ、レッド・タイヤにしてからはものすごく変わってました。今日は予選前に雨が降ったので路面がグリーンになってて、クルマがものすごく暴れたんですよ。今回珍しくピットで大きくセッティングを変えました。それが功を奏して、最後のQ3までいい感じで攻めることができたんだと思います。

――明日もう一度プラクティスがあります。

佐藤琢磨:そうですね。今日のプラクティスは予選用にセッティングをやっていたから、明日のプラクティスで決勝用のセッティングをやって、レース1を戦います。それから日曜日にはレース2用の予選がありますが、今日グループ1だった僕らは日曜は後に走るグループ2になるので、そういう意味では日曜日に向けても、今日のプラクティスでのパフォーマンス、順位など、みんな良かったと感じています。
以上

1 件のコメント: